レーザー脱毛か光脱毛、あなたならどっちを選ぶ?

レーザー脱毛できるのは医療機関だけ

医療機関やエステサロンで脱毛施術する人が増えていますが、主流となっている脱毛方法が違うことをご存知ですか?医療機関ではレーザー脱毛、エステサロンは光脱毛が主流となっています。どちらもメラニンに反応する光を照射して脱毛効果が得られる仕組みになっていますが、レーザーのほうが照射威力が強く、脱毛効果が高いんですよ。そのためレーザー脱毛できるのは医療機関だけ。医師の指導の元、施術できる機器なのです。

レーザー脱毛は施術回数が少なくて済む

レーザー脱毛と光脱毛の威力の違いは、まず施術回数にあらわれてきます。脱毛部位や毛量によっても左右されますが、満足する状態になるまでに6~10回程度で完了します。ほとんどの部位では5~6回施術を行えば、自己処理が必要なくなるほどきれいになります。期間にすると1~1年半程度です。光脱毛の場合は、10回以上の施術となり完了するまで2~3年かかることもあります。

レーザー脱毛のデメリットは?

ただ、レーザー脱毛は威力が強いために痛みも強く感じるといわれています。ゴムをパチンとはじくような痛みと表現されますが、痛みに耐えられない場合は医師に相談すると塗る麻酔薬などを処方してくれることもありますし、最近は痛みの少ないレーザー機器も登場しています。また、レーザー脱毛は効果が高いことと施術回数が少ない分、費用が高くなる傾向もあります。しかしながら、脱毛を専門としている医療機関などは低価格プランを提供しているので、脱毛効果と施術回数をトータル的に考えればそれほど違いがないともいえます。医師が存在するところも安心材料です。

あなたなら、レーザー脱毛、光脱毛、どっちを選びますか?それぞれのメリットとデメリットをよく把握して考えてみてくださいね。

医療レーザー脱毛とは、高出力でレーザー脱毛を行うことです。高い出力によって短期間、短回数でより脱毛の効果を出すことができます。