医療脱毛のふたつの種類と特徴、それぞれのメリット・デメリット

レーザー脱毛は主流の方法

医療脱毛とは、美容皮膚科などのクリニックで行う脱毛をさします。現在は医療レーザーを用いた脱毛法が主流ですが、ニードル脱毛を行っているクリニックもあります。医療レーザー脱毛は、メラニン色素に反応するレーザーを肌に照射し、毛根の黒い色素に反応して発生した熱によって毛根組織を破壊する方法です。組織が破壊されるため、毛が再生する可能性は極めて低く、高い脱毛効果が認められています。熱エネルギーを発生させるため火傷や毛嚢炎を起こすリスクがありますが、すぐに適切な医療処置を受けられますのであまり心配はいらないでしょう。部位によって強い痛みを感じることがありますが、麻酔クリームやガスなどで対応できます。また最近は痛みの少ない医療レーザー機器も出ています。

ニードル脱毛は痛いが確実

ニードル脱毛は一昔前に主流だった脱毛法です。毛穴に特殊なハリを指してそこに電流を通し、毛根を破壊させます。レーザー照射より確実に破壊できるので、確かな効果があるのが最大のメリット。医療レーザーはメラニン色素に反応する特質があるため日焼けした肌や濃いほくろがあるところには照射できませんが、ニードル脱毛はどんな肌質、毛質にも適応できるのもメリットです。ただし、かなり強い痛みがあります。麻酔クリームなどを使用しても、軽減される程度で痛みが無くなることはありません。レーザー以上にスタッフの技術が必要となり、下手な施術者が担当すると内出血などのトラブルが起きるリスクもあります。施術料金は高めで、針の買取りや血液検査などの追加料金がかかることもあります。ニードル脱毛は、痛くても費用がかかってもいいから確実に早く脱毛をしたいという人におすすめの方法です。

医療脱毛は、通常のエステサロンの脱毛と違い、パワーの強い脱毛機器を用います。また、医療従事者が施術を行うので、施術後のアフターケアを含め安全で安心です。