ニキビ跡を治したい!美容外科に行かないで治療するには?

気になるニキビ跡とは何?

ニキビ跡とは、ニキビの症状が治まった跡に肌に残っている凸凹や色素沈着などのことです。肌の表面だけにニキビができた場合、炎症が治まるとやがて肌が再生して、きれいになっていきます。しかし、ニキビの炎症がひどい場合、肌の奥の「真皮」の部分までダメージを受けて、ニキビ跡ができてしまうのです。また、体質・肌質によって、ニキビ跡が残りやすい人と残りにくい人がいます。

皮膚科できる!ニキビ跡の治療

ニキビ跡には、美容外科でケミカルピーリングやレーザー治療を受けると効果があると言われます。しかし、美容外科には行きにくと思う人も多いでしょう。実は、一般の皮膚科でも、内服薬や外用薬によるニキビ跡の治療が行われています。クレーターのようになったニキビ跡は、皮膚科で処方される薬だけで治療するのは難しいのですが、赤くなったものや色素沈着しているだけのものならば、皮膚科でも治療可能です。美白効果の高い薬品やビタミン剤などにより肌を治療していきます。一般の皮膚科では、主に保険のきく治療が行われますので、行きやすいですね。

自宅でできる!ニキビ跡のケア

あまりひどくないニキビ跡なら、自宅でケアするのもいいでしょう。ビタミンC誘導体の入った化粧水を使ったり、ピーリング効果のある石鹸を使ったりすると、ニキビ跡の赤みの改善が期待できます。微弱な電流を利用して肌の奥に美容成分を届けるイオン導入も、肌のケアに効果があると言われます。自宅で行う時は、製品の説明書をよく読んで正しく使ってください。さらに、肌のターンオーバーを正常に保つためには、栄養と休養をとって、健康的な生活を心がけることも大事です。タンパク質やビタミン類をたくさん摂取して、肌の再生力を高めましょう。

ニキビ跡の治療として有名なのはレーザー治療とピーリングです。どちらも保険適用外で高価ですが、効果は期待できます。治療中とても痛いですが今までよりも綺麗な自分の肌に約半月後には出会うことになります。