歯並びがよくない人が自分の歯をうまく磨くためには?

小回りがきくヘッドが小さな歯ブラシを使う

きちんとした歯磨きはなかなか難しいものです。特に、歯並びがあまりよくない人はどんなに頑張って磨いても歯垢をうまく除去することができず、その結果、歯石になってしまったり、あるいは虫歯につながってしまうことがあります。では、歯並びがよくなくてもきちんと磨くコツのようなものはあるのでしょうか。

まず、歯ブラシのヘッドに注目してみましょう。ヘッド部分が大きい方が一度に磨ける範囲が広くてよさそうに見えるかもしれませんが、小回りがきかないため、案外、磨き残しが出てしまいます。なので、できるだけヘッドが小さな歯ブラシを選ぶといいでしょう。歯並びが悪い人は歯と歯の隙間が大きく、そこに食べかすがたまりがちですが、ヘッドが小さな歯ブラシであれば掻き出しやすいです。

ジェット水流で食べかすを除去する方法も

手を動かして磨くのが大変だという場合は電動歯ブラシを使う方法もあります。電動歯ブラシは、一般的な歯ブラシよりもヘッドが小さなものが多いのもメリットです。

予算に余裕があるなら、ジェット水流で食べかすを除去できる機器を購入するのもありです。歯ブラシよりもピンポイントで歯を洗浄できるので、歯並びが悪いためにブラシを歯に当てるのが難しいという人にうってつけといえます。

虫歯になることをできるだけ回避したいのであれば、歯磨き以外にフッ素の塗布を行うといいでしょう。フッ素で歯をコーティングすることで一定の効果があります。フッ素は自分で塗ることもできますが、歯医者で塗ってもらうことももちろん可能です。

根管治療を受ける時には、丁寧に検査をしてくれる歯科クリニックを選ぶことが重要です。レントゲンで歯の状態を正確に調べてもらうと、高い効果が期待できる治療が受けられます。